着付け技能士の資格について

###Site Name###

着付けの資格には2009年より国家資格となった着付け技能士があります。
資格取得には実践的なテストと学科試験をクリアする必要があります。


学科試験では着物の歴史や着物の素材、和装小物の基礎知識など多くの問題が出されます。



着物の知識や名称、男女の着物の違い、着物のたたみ方や着物の格、帯の種類や着物、帯及び小物の合わせ方など、様々な観点から出題されます。

【大阪市内//】求人一覧/大阪の美容師(美容室)求人ならキレイビズが最近こちらで話題になっています。

実技試験では振袖、留袖、訪問着など様々な種類の着物で実践します。



1級では浴衣、街着、付下げ、訪問着、付下げ訪問着、色留袖、黒留袖、中振袖、紋服(羽織・袴)の9種類、2級では浴衣、街着、付下げ、訪問着、付下げ訪問着の5種類の着物を制限時間内で美しく仕上げることで審査されます。この資格は年齢や性別などにかかわらず、誰でも取得できる資格です。


しかし受験するには、着付けについて一定の実務期間を経験していることが条件になります。2級については、教室などで学ばれた方が多いため免除されることが多いですが、1級については教室などで学んだ方でも最低2年間の実務経験が必要となります。
学科試験と実技試験の両方に合格すると、1級では厚生労働大臣名、2級では技能センター理事長名で合格証書が交付され、「1級着付け技能士」又は「2級着付け技能士」と名乗ることができます。

技能検定は、雇用の安定や経済的地位の向上を目的に技能を検定する制度です。


資格を取得することで仕事に活かすことができます。