搭乗者傷害保険の必要性

 

搭乗者傷害保険は、契約している自動車に搭乗中の人に、事故によって死亡、後遺障害、ケガといった被害があった場合について、所定の保険金が支払われるというタイプの自動車保険です。
保険会社によっても異なりますが、ケガの場合についていえば、部位・症状別とよばれる支払い方法となっていることが多く、あらかじめケガの部位と症状に応じた医療保険金の金額を示した表が保険約款のなかに織り込まれています。
そのため、万が一事故があった場合についても、その表を見ればどれだけの金額となるのかが一目瞭然であるため、保険金の支払いがたいへん迅速であるという特色をもっています。
この保険と似たようなものとして、人身傷害保険とよばれるものがあり、契約している自動車に搭乗中のほか、本人や家族であれば歩行中の事故などについて補償が及ぶなど、より補償の対象が幅広く、しかも実際に生じた損害を全額補償してくれるという内容をもっています。
そのため、人身傷害保険だけを契約するという場合もあるようですが、部位・症状別払いの迅速さや二重の支払いが受けられるという補償の手厚さを考えると、資金に余裕があるのであれば、むしろ両方の保険に加入しておく必要性があるといえるでしょう。